笑っていこうよ!

日野から始まるお出掛け&お散歩ブログ。現在「初めての沖縄!宮古島旅行記」更新中~☆

東京からの静岡日帰りドライブに新たなスポット!三島スカイウォーク!

 

東京都心部から約130キロの距離にある静岡県三島市

高速道路を使えば休憩しても2時間で余裕で到着するこちらは、首都圏から伊豆や沼津に日帰りドライブする際の「通過点」といった宿命にありました。

おまけに、沼津などで海鮮三昧した後に、御殿場プレミアムアウトレットに行く際にまたも通過されるという、1日で2度までも屈辱を味わう町なのです。

そんな三島市に2015年、待望の観光スポットがドドンとオープンしたのをご存知でしょうか。

 

その名も三島スカイウォーク!!

 

伊豆縦貫道の完成もあり、これまでよりも一層「通過点」として知名度を上げてきた三島市が「待てよ!!」とキムタクばりにドライブ中の車を引き留めに入ったのです!!

 

Holidayプランで知った僕は、この三島スカイウォークへとドライブしてきました。

果たして、スカイウォークの異名を誇るこの観光スポットとは・・・??

 

 

三島スカイウォークの正体

 

さて神奈川県相模原市から休憩を含めて1時間45分ほどでやってきました。

三島の中心地から箱根の方へと少し登ったところにそれはあります。

(なるほど、箱根に向かう時も三島は通過する運命だったのですね)

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304194727j:plain

 

さすがは2015年オープンとあって、駐車場も建物もお洒落で綺麗!!

平日の訪問にも関わらず、それなりの観光客。

そして大型の観光バスも停まっています。

どうやら首都圏へのスポット売り込みは成功している様ですね。

この少し前にテレビ「おじゃMAP」で紹介されていた影響もありそうです。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304195015j:plain

 

午前中に出発して、ここで昼食ってのも良いドライブプランかもしれないです。

そして午後から伊豆半島や箱根にドライブするのも定着するかもですね。

 

こちらではカレーライスが何種類かいただける様です。

僕は箱根山麓 豚カレー」@900円を頼みました。

お肉やわらか~。

そしてけっこう辛い!!(゚Д゚;)

 

お土産物屋さんなどもありますが、とりあえず、三島スカイウォークの全貌を拝みにいきましょう。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304195421j:plain

 

ここら辺は三島市街地からけっこう登ってきているので、山麓といった雰囲気です。

カレーを食べた「森のカフェ」というお店から2分も歩けばチケット売場。スカイウォークへ入るために入場料を支払います。

 

料金は大人1000円 中高生500円 小学生200円

 

1000円切らないって事は相当に投資した施設だというコトの表れですねえ。

料金を払って中に行くという方法は美術館とか科学館に近いスタイル。

そしてすぐに三島スカイウォーカーの全貌が見えてきます。

いや、デカすぎて初めからずうっと見えてるんだけどね(;・∀・)

 

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304195814j:plain

 

 

そう、です。

 

「通過町・三島」を挽回するために作られた観光スポットとは・・・

橋だったのです!!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304200101j:plain

 

その向こうには!!

わかりにくいと思いますが富士山が見えています!!!

富士山と駿河湾を一望しながら谷を渡る!それが三島スカイウォークの正体です!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304200219j:plain

 

見ろよこの絶景を!!

遠くに見えるのは太平洋!!

これほどの広大な景色はそうそう見られませんよ!!

 

かつて大泉洋さんはカブに乗りながらこの辺りを走行し言ったものです。

「なんですかね!なんかヨーロッパにも似た景色じゃないですか?」

ヨーロッパに行ったコトはありませんが、まるで海外旅行に出かけたかの様な雰囲気なのはわかります!!

 

国内最長の吊り橋「三島スカイウォーク」を渡る

 

 

歩行者専用吊り橋として、日本最長の400メートルの吊り橋の正式名称は・・・

「箱根西麓・三島大吊橋」

さっそく渡ってみます!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304200742j:plain

 

 

微かに揺れを感じますが怖さはない程度です。

400メートルの空中散歩。

冬はちょっと寒いですが、風に吹かれながら歩きます。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304200856j:plain

 

あーいいねえ、富士山を眺められるっていうのは。

それに観光スポットとして作られたので道幅があるので歩きやすい。

車椅子でもスレ違える様に設計されたのだといいます。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304201033j:plain

 

 

足元は地面まで見えちゃう金網。

もうこれだけで渡れない人はいるでしょうね。

けっこう高いですもん。

山には切り株がたくさんありますが、雑に伐採したのではない様子。

そして切り株を残しているのは山の斜面を丈夫にしておくための策。

森ってさ。木々が密集しすぎていると弱ってくるんだよね。

だからある程度は切り倒した方が木々は強く育つんだよ。

 

 

渡り切ってから橋を振り返ると、その規模がよくわかります。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304201331j:plain

 

ほへーー!!!(;・∀・)

人があんなに小さい!!これは高所恐怖症には厳しいかもしれん。

でも揺れないから無理って事はないかなあ。いやでも高いトコが平気な人の方がいいか。

 

 

渡った先に待っているものとは・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304201558j:plain

 

渡り切ると、ちょっとした広場と丘、そして屋台が何店舗かあります。

記念撮影スポットなんかもあります。

でもそのくらいなので、メインはやはり渡ってる途中という感じです。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304201753j:plain

 

 

山麓なので冬の間は寒い。

このため暖房の小屋があったりもしました。

スタッフさんは若い人が多く、長閑で和やかな雰囲気。

こういうのって地方都市の良いところだよね。作られすぎた接客じゃなくて。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304202036j:plain

 

風車で作られたアート作品

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304202109j:plain

 

 1周年記念を意味する1stアニバーサリーの文字。

色合いが可愛くていいなあ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304202206j:plain

 

長居する様な場所ではないけれど、けっこうテンション上がると思う!

嫌いじゃないよ、こういうスポット!!

 

スポット情報☆

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304202316j:plain

 

カレーを食べた森のカフェまで戻り、丘を登るとお土産物屋さんもあります。

ここは入場料無しで入れるので、橋を渡りたくない人もちょっとした休憩スポットとして楽しめるんですね。やたらとお花が飾られてた。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20170304202542j:plain

 

てなワケで三島の新名所「三島スカイウォーク」でした。

暖かくなった春とか、紅葉の秋なんかに来るのも綺麗そうです。

 

  • 入場料 大人1000円 中高生500円 小学生200円
  • 年中無休(09:00-17:00)チケットは30分前まで 天候により変動あり
  • 駐車場400台

 

ちなみに僕はここを午後に楽しみ、夕方は御殿場プレミアム・アウトレットで買い物して神奈川へ下道で帰りました。

 しかし三島は水の綺麗な町とのことなので市内を散策しなかったのが悔やまれる。せっかくなので柿田川のちょーキレイだという湧き水を見た方がきっと思い出に残るはず!

f:id:tokotoko_yuuki:20170304203010j:plain

 

日本最長 富士を望む大吊橋 三島スカイウォーク

 

広告 

 

 

 

 ↓静岡関連記事


tokotoko-yuuki.hatenablog.com

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加