読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

LA LA LANDが超絶ドツボだった問題

 

映画の感想書くのってアナ雪以来みたい。

ネタバレ無しで少し感想文書いてみます。

 

ミュージカル映画「LA LA LAND」


 

 

2017年アカデミー賞で多くの賞を受賞したLA LA LANDは、実写のミュージカル映画

よくディズニーでアニメでのミュージカル風な映画はあるけれど、実写で本格的なミュージカル映画ってインド映画以外だと意外と少ない。

僕が前回見たミュージカル映画といえば「マンマ・ミーア!」だから2008年。

随分と久しぶりな感じ。

あれ?今回のララランドのヒロインはミアって名前だね。

 

実は僕、2001年から2006年まで、ショート作品ミュージカルの舞台照明をやっていたというコトがあり、音楽が身体に染み込んでいます。

なので、今回、久しぶりに評判の良いミュージカル映画が公開ということで海老名の映画館で観てきました。

 

 

突然歌いだす展開についていけない日本人

 

 

ミュージカルといえば、劇中、いきなり歌いだすという展開が多々。

これがね、現代の日本人は意外と苦手なわけ。

日本の伝統芸能だって、歌舞伎とか急に歌いだすのにね。不思議なもんだ。

 

そして、LA LA LANDはオープニングから素晴らしい楽曲を繰り出してくるわけ!

思わずね、手拍子を始めようかっていう気持ちになったんだけどね。

そこは通常営業中の日本の映画館。

静かに観ました。(笑)

これどうなんだろね。本国では手拍子とかしないのかな。

 

後にこのシーンのコトを職場で話してたら「もうね!アメリカで観たかったですよ!」って言ってる人もいたんです。

アメリカだとノリノリで観るのかな。

だとしたらアメリカで観たい!字幕ありで!!(;'∀')

 

 

結果的に超絶ドツボ!今からサントラ買いにいく!

 

ここ数年で観た映画の中で最高の作品でした!!

オープニングはサイコーだったし、キラキラ感もあったし、音楽がジャズの要素があってマジで心に響いた!!

それでいて全編に漂う少し切ない感じ。キラキラなのに切ない。あれがすごい。

書けないけどね、ラスト10分くらいのあの展開も好き。

全く予想してなかった展開だけれど、ああいうのドツボ。

最後にまたいい表情するんだ。二人のあの表情を思い出すだけでグッとくる。

そしてエマ・ストーン可愛い(笑)

ドレスアップよりも普段着のエマストーン良いなあ。

 

ということでドハマリしたララランドはサントラ買います。

 

 

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 

 

 ↑これ、海外ではポスターもこのデザイン。

なのに日本版のポスターときたらダサダサのデザイン↓

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

 

 

空白の有用性って言葉が有川浩さんの「県庁おもてなし課」で出てくるけれど、それを読んでほしいわー・・・・

てゆうか映画見れば、どちらのポスターが作品の内容に適したイメージなのか一目瞭然だっつーの。

 

さ、4月から、現場でのサウンドチェックはこのCDでやるだろうなー。ジャンル全然違うけど問題あるかな。僕がララランドにハマったせいで周りの人までBGMがララランドになっちゃうのは問題だな。まぁいいか。

 

ちなみに子供の頃、「メリー・ポピンズ」に夢中になってたと母が言っておりました。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加