笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

三浦しおん「船を編む」

 
先日、言われた事なんだけど。
 
 
 
「最近、本は読んでないんですか?ブログに全然載ってないけど」
 
 
 
 
そういえばそうだ、と思い返してみて、いつから読書感想のカテゴリー使ってないかと調べたところ・・・
 
 
前回書いたのは2011年9月、萩原浩「愛しの座敷わらし」だった。
 
 
4年前じゃん。
 
 
 
2011年秋といえば、スマートフォンに変えた頃だ。
 
そして旅ブログに変化した頃でもある。
 
 
 
スマホにしてから、すっかり活字離れして全く本を読まなくなったわけ。
 
それとブログもこの頃に出会った「水曜どうでしょう」の影響で、次第に他のカテゴリーが減っていって、旅と散歩のみになっていった・・・
 
 
 
でも・・・
 
今年の春くらいから活字を読む事を復活させてます。
 
 
 
何冊か読んだ中で、夏に読んでた【船を編む】が一番印象に残ったかな。
 
 
   
 
 
 
2012年の本屋大賞に選ばれた、三浦しおんの作品。
 
 
辞書を作るという地味な地味なテーマのお仕事小説・・・ちょっぴり恋愛要素もあるけど。
 
 
地味!ってところが気に入って読んでみたのでした。
 
 
 
 
これぞ、小説。
 
派手はないけれど、それでいて物語はテンポ良く進む。
 
主人公はマジメで奥手な20代男子。
 
だけれど、辞書作りの仲間視点でも物語を進む。
 
しかも、思わず「ええ!!」と声を出してしまうほど、辞書が完成するまでに作中の時間が経過する。
 
 
嘘だろ・・・と思う程の時間が流れたので、恋愛部分がどうなったんだか心配になったけど、人生を感じさせる展開で、とっても良かったし考えさせられた。
 
 
 
これ、松田龍平くんと、宮崎あおいさんのダブル主演みたいな感じで映画化されてるんだけど、この時間経過、どう表現したんだろ・・・
 
 
   
 
 
 
とにかく、ある一つの目的に向かって四苦八苦していく、いわゆる職業ものは好きです。
 
それも、地味な職業のやつがいい。
 
 
 
こんな仕事に意味あるんかい!!
 
という悩みを持った時に読みたいかな。
 
 
 
このブログはもうすぐ終了だけれど、続編ブログが始まるとしたら、初期の頃の様に時々こうして読書感想やら映画感想なら入れていきたいな。
 
 
 
ちなみに三浦しおんさんの作品で、好きなやつのリンク貼っておきます。
 
↓活字離れしてる皆さん。三浦さんの作品は読みやすいので是非。
 (映画化されてる作品も多いので映画もリンクさせてみた)
 
 
  
  
 
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加