笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

とことこ大山街道 3日目(2) 溝の口→鷺沼

赤坂から大山まで歩く、とことこ大山街道の三日目・後半です[E:shoe]

 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
 
☆2015年4月30日 14:30 神奈川県 川崎市高津区 溝の口付近☆
 
 
 
 
大山街道ふるさと館を出ると、二ヶ領用水を渡ります。
 
 
 
Img_0577
 
 
 
二ヶ領って変な名前だなって思っていたのですが・・・
 
 
その昔、稲毛領地と川崎領地の2つを通して作った用水路だから、二ヶ領用水なのだそう。
 
 
なるほどなるほど。
 
名前には由来というものがあるということですね。
 
 
ちなみに僕のハンドルネームは「ゆうき」ですが、これは本名から取ったものです。
 
ブログ当初はyuukiと英文字にしてましたが、キャラに合わないなあという事で、平仮名にしました。
 
 
 
     Img_0578
 
 
まもなく溝の口駅というところで、綺麗に整っている神社がありました。
 
 
その名も溝口神社。
 
こんな神社があったとは全然知らなくて驚きです。
 
 
 
 
Img_0579
 
 
 
大山街道沿いには多くの神社があるものなのですね。
 
 
僕の家系は辿っていけば神社の祈祷師だったという事です。(昨年知った)
 
そんな事もあり、神社にはつい立ち寄ってしまいます。
 
 
 
溝口神社はとても好きな雰囲気でした。
 
なんだろうか。他の神社も好きですが、ここはかなり好きです。
 
 
 
さて、いよいよJR南武線を越えようというところで、昭和レトロな通りを見つけました。
 
 
 
 
 Img_0580
 
 
 
 
あら~、本当にレトロだこと。
 
写真にうつっているカフェオレ大福ってのが気になるなあ・・・
 
撮ってる時は気づかなかったや。
 
 
 
 
さて、南武線を越え、川崎街道を超えると、大山街道はいきなり坂が始まります。
 
 
 
Img_0581
 
 
 
 
ねもじり坂・・・・・・[E:sweat01]
 
 
道は世田谷の時並みに狭くなり、そして明らかに登ります。
 
 
ここからは坂の町が続くといいます。
 
 
ガイドブックとして使用している「ホントに歩く大山街道」の著者、中平龍二郎氏に編集さんはこう問いかけた事があるそうです。
 
 
 
「この辺りの魅力って何ですか」
 
 
 
「坂が良い」
 
 
 
 
坂が良い・・・のか。
 
さすが街道歩きの達人は言う事が違いますね。
 
 
 
Img_0584
 
 
 
 
子育て地蔵堂。
 
 
坂の上に静かに佇んでいました。
 
 
そしてこの先は何の変哲も無い道が続きます。
 
 
ずいぶん久しぶりに国道246号さんと一瞬だけ交差。
 
 
 
   Img_0585
 
 
 
大山街道「久しぶり!」
 
国道246「おう!大山じゃねーか!!どうよ、元気してたか!!」
 
大山街道「もちろんだよ。ちょっとのんびりだけど平和にやってる。そっちは?」
 
国道246「こっちはもう見ての通り忙しいぜ。どうよ、また一緒に進むか。そろそろ寂しくなってきた頃だろ」
 
大山街道「さ・・・!!さ、寂しくなんかねーっつーの!!ま、またな!」
 
国道246「やっぱツンデレか」
 
 
 
 
Img_0586
 
 
 
 
しかしまあ坂ばかりです。
 
疲れるっての。
 
でもわからなくは無いかな。さきほどの中平さんの言葉。
 
 
平坦な道を行くよりも、登り下りのある道の方が魅力だっていうこと。
 
それはもしかしたら人生もそうなのかなあ??
 
 
 
Img_0589
 
 
 
本を片手に坂の町をグングンと進んでいく。
 
 
登り、下り、登り、下り。
 
 
 
空を見上げれば大きなクレーン車。
 
 
 
     Img_0590
 
 
 
 
 
写真の画角を1対1にして【ましかく写真】を撮ってみました。
 
 
いつの間にか晴れ渡っている空の下を歩き歩き、ついに本日のゴール地点である鷺沼へと辿り着きました。
 
 
 
 
Img_0591
 
 
 
 
鷺沼だけにサギ・・・?
 
 
いや、ワシか?タカか??
 
 
とにかく、3日目のゴール地点です。
 
美味しい物は登場しませんでしたが、なかなかに楽しめました。
 
 
 
次回は青葉台まで歩きます。
 
  
 
 
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加