笑っていこうよ!

日野から始まるお出掛け&散歩ライフ 

とことこ大山街道 3日目(1) 二子玉川→大山街道ふるさと館

赤坂から大山まで歩く、とことこ大山街道の3日目です[E:shoe]

 
 
 
 
 
 
3日目のルートは大体こんな感じ。
 
 

 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
☆2015年4月30日 13:00 東京都世田谷区 兵庫島公園☆
 
 
 
 
前回、池尻大橋から二子玉川の兵庫池公園まで歩いたので、その続きからスタートです。
 
 
 
Img_0559
 
 
 
 
ドラマチックな夕日の風景だった兵庫池公園。
 
この日はどんより曇り空です。
 
 
そしてどうゆうワケか、写真の画角(アスペクト比というのかな?仕事で使うプロジェクターなどだとアスペクト比という表現をするのだけどカメラだとどうなのだろう)
 
・・・が、今まで4対3だったのが、いつの間にやら3対2になっておりまして、少し横長の写真に変わっております。
 
これは一般的な一眼レフカメラと同じ比率なのだそうで、これからは僕もそうしようと思います。
 
 
 
 
 
さて、この大山街道歩き、いよいよ神奈川県へと突入です!!
 
 
Img_0562
 
 
 
大変長らくお待たせしました!!!?
 
『とことこ神奈川2015』と銘打った大山街道
 
これまでは東京都だったので企画名と違うというツッコミも多少ありましたが、満を持しての神奈川県です。
 
 
 
最初に通過するのは『第10街/川崎横断』でも歩いた川崎市高津区です。
 
 
 
Img_0564
 
 
 
サラバ東京~(* ̄0 ̄)ノ
 
 
 
 
 
川崎市に突入して、最初に目にしたのはこちら。
 
 
 
 
Img_0565
 
 
 
 
 
 
 
岡本かの子ってなんですの?
 
 
あの岡本太郎氏の母であり、大正から昭和の文学家なのだそうです。
 
そして写真のデザインは岡本太郎氏。
 
 
岡本太郎氏の作風がビシビシと伝わってきますね!
 
 
 
その横には、今回は行きませんが、Kenzoさんのブログにも登場してたお店が。
 
 
 
Img_0568
 
 
 
 
二子新地駅からすぐのとんかつビストロ、豚子新地。
 
 
ふーむ、斬新な名前を付けますね!w(゚o゚)w
 
 
ここは気になるので別日に訪れてみようかなと思います。
 
 
 
 
さて、大山街道には多くの神社があります。
 
この豚子新地と岡本かの子碑のすぐ脇にあるのが、多摩川沿いの静かな神社、二子神社です。
 
 
 
 
Img_0567
 
 
 
いよいよ神奈川入りしたご挨拶をしていきます。
 
 
ちなみに僕は橋を渡って神奈川入りしたわけですが、そもそも大山街道は江戸時代に栄えた道。
 
どうやって多摩川を越えていたかといえば、船で渡っていたのです[E:ship]
(この船のアイコンはちょっとイメージと合わないけど)
 
 
それでこの二子神社付近には『二子の渡し』という場所があり、江戸期には多くの人で賑わっていたそうです。
 
 
まあ実際には賑わうしかなかったと。
 
そんな一斉に多くの人を舟で渡すのは困難。
 
今でいう渋滞の状態だったんだそうです。
 
でもきっとそれすらも、辺りの団子屋か何かで楽しむことに繋がったりしていたのではないでしょうか。
 
 
橋を作る技術が出来て以降も、しばらくは「江戸への侵攻を防ぐため」に橋が作られなかったという現実もある様です。
 
 
 
 
Img_0571
 
 
 
 
さて、ちょっと縦長写真を連続してみます。
 
ていうかこの先ソレしか撮るもの無かったの(笑)
 
 
           Img_0572
 
 
 
 
この辺りは全区間で最も大山街道の名前を全面に押し出している地域です。
 
 
 
    Img_0573
 
 
 
なので、大山街道ふるさと館なるものまで存在していました。
 
せっかくの『とことこ大山街道』なので、もちろん立ち寄ります。
 
 
 
Img_0574
 
 
 
 
中には大山街道を知るための資料が多くあり、今現在の活動なども紹介されています。
 
 
 
 
貴重なものから、現在の活動まで魅力的なものがすっごくたくさんあるのですが・・・
 
 
 
 
 
ただ置いてあるだけ[E:crying]
 
 
 
 
うーん・・・
 
施設に入っても「いらっしゃい」のヒトコトもなく資料を読み続ける職員さん・・・
 
旧式すぎて熱を帯びてて展示品を痛めてるスポットライト・・・[E:flair]
 
大山街道とは何の関係もない活動の展示・・・←断れない事情があるんでしょうけど 
 
 
 
なるほど。これだと大山街道は廃れますね・・・[E:weep]
 
 
 
活気ある若い人のアイデアが感じられないんです。
 
オジサンによる「公共施設ってこういうもの」っていう昔ながらの固定概念。
 
 
これほどの魅力ある物品を手にしていながら・・・!
 
 
もったいなくてココに書いちゃいました。
 
大山街道フォトコンテストとかイラストコンテストとか、スタンプラリーとか、そういうイベント的な事にキチンと取り組んでほしいなあ。
 
 
 
だってさ!!
 
こんなスゲエ「書」とかあるんだよ?! 
 
見せるんじゃなくて、魅せていこうよ!!
 
 
 
     Img_0575
 
 
 
 
熱く語っちゃったよ[E:sweat01]
 
 
 
 
次回へ続く。
 
 
 
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加