笑っていこうよ!

日野から始まるお出掛け&お散歩ブログ。

真冬の京都へ旅しに行こう(8) 伏見

真冬の京都編、第8回です。

 
 

(1) 旅の始まり~東寺

 
 
 
 
 
 
 
 
旅は最終日。3日目に入ります。
 
今回と次回で最終回です。 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年1月8日 9:45 京都府京都市 伏見区 桃山御陵前駅
 
 
 
 
 
旅も三日目、ホテルをチェックアウトして訪れたのは近鉄京都線にて伏見です。
 
 
初日の宇治に向かう途中にある場所で、本当は宇治の後に行こうと思ってたのですが、宇治で想像以上に盛り上がってしまったので、最終日に来てみました。
 
 
Img_0210
 
 
 
 
伏見は美味しい水があると聞きます。
 
駅からほどなくの場所にある御香宮神社という場所に、いつでも飲める御香水という水があるというので訪れてみました。
 
 
これは、良い香りのする水が湧き出て、その水は薬としても使われていたという場所です。
 
 
 
Img_0212
 
 
 
さすがは京都。中心地から離れても立派な境内です。
 
その境内の奥手の方に、御香水はありました。
 
 
 
Img_0214
 
 
 
 
手をきよめて、ゴクッと飲んでみます。
 
 
飲みやすくて美味しい味です。
 
 
冷たすぎる事もなく。ふわりと喉の奥へと消えていきます。
 
この御香水は、伏見七名水のひとつにも数えられる名水だそうで、納得の口あたりでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、特に何も調べずに、遠くの山の上に見えたお城らしきものの方へと歩きます。
 
 
伏見に城があるのかな。
 
 
テコテコと歩いて行くと、これがまた実はやたらと遠かった・・・[E:sweat02] 
 
 
しかもかなり登り。住宅街を行くのだけど、やたらと登る。
 
 
 
不思議なのは誰もそこへは向かっていないということ。
 
みんな車で行くのかな。
 
 
そんな事を思いながら・・・わざわざ登ってしまいました・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
Img_0216
 
 
 
 
Σ( ̄ロ ̄lll) 
 
 
なにこの色合いのお城は・・・?!?!
 
 
 
 
 
しかし不思議な事に、これだけ立派なお城(復元だよね)があるにも関わらず、ほとんど案内板もなく、しかも管理がスポーツ協会って書いてある。。。
 
 
なんなのここ・・・
 
と思ったら、伏見桃山城キャッスルランドという遊園地の跡地だとか。
 
伏見城を再現したもので、遊園地が閉園した後も、伏見のシンボルの一つとして市民運動で残されたものらしい。
 
でも、耐震構造が現代の基準にあってないから中は入れないとか。
 
 
 
ふーむ、京都といえども不思議なものがありますな。
 
 
Img_0219
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、山を下りて駅の反対側へと歩いてきます。
 
伏見城の方向とは違い、アーケード商店街で栄えている様子です。
 
 
 
 
Img_0220
 
 
 
 
なるほど、京都中心地からだいぶ離れている事もあり、これまた雰囲気が違います。
 
その商店街を抜けた先に、何やら歴史的な場所が。
 
 
 
Img_0224
 
 
 
 
何だかわかりますか?
 
超有名な事件が発生した、あの建物です。
 
歴史に疎い僕でも事件の名前と、この建物の名前は一致します。
 
 
ここが・・・あの!!と思いました。
 
 
 
Img_0225
 
 
 
 
寺田屋・・・!!
 
 
坂本龍馬を巡る、寺田屋事件の舞台となった、寺田屋です。
 
 
坂本龍馬が敵に包囲されるも、お龍の機転により何を逃れたエピソードであまりにも有名です。
 
 
伏見にあったのですね・・・!!!←この辺が歴史に疎い証拠[E:coldsweats01]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0227
 
 
 
さて、ここから川沿いに歩いて行くと、伏見での目的地・月桂冠大倉記念館に到着。
 
 
 
Img_0228
 
 
そう。あの日本酒の月桂冠です。
 
中に入るとこんな感じ。
 
 
 
 
Img_0229
 
 
 
 
月桂冠による日本酒造りの歴史や、その方法などを見学出来ます。
 
何だかたくさんのドラマが生まれていそうな工場です。
 
 
 
Img_0231
 
 
 
 
こちらでは、日本酒の利き酒もやっていて、ホロ酔いになりました。
 
ほへぇ~[E:bottle] ←だいぶ酔ってるじゃねーか!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、今度は京阪本線という路線の、伏見桃山駅から北上です[E:train][E:dash]
 
 
 
やってきたのは伏見稲荷駅
 
 
その名の通り、伏見稲荷へと向かう駅です。
 
なんとなく・・・ナユタさんもこの道を歩いたりしてそうだな~と思いながら進みます。
 
 
 
Img_0233
 
 
おおお・・・!!かなり賑わっております。
 
さすが日本三大稲荷のうちのひとつ、伏見稲荷
 
そして、トリップアドバイザーにて、日本で外国人が行きたい場所No'1に輝いた場所!!
 
 
東京や金閣寺などなどを抑えて堂々の一位なのです。
 
 
 
Img_0234
 
 
 
うわあ~、朱色が凄い~[E:shine]
 
なんて鮮やかなんでしょうか。キツネ様もスタイリッシュで威厳あられます!!
 
 
 
Img_0236
 
 
 
そして細かな部分まで、なんと素晴らしい造りなのでしょうか!!
 
これは感動しました。ここ凄いです!!
 
 
 
Img_0238
 
 
 
 
せっかくの伏見稲荷です。
 
きちんとお詣りをして行きます。
 
 
Img_0240
 
 
 
ツネ様、黄金の稲穂(?)をくわえていらっしゃる!!
 
すごーーー!!
 
 
 
そして、いよいよ伏見稲荷の奥へと進んでいきます。
 
 
 
 
Img_0241_2
 
 
 
 
千本鳥居
 
 
これが有名な千本鳥居ですか!![E:coldsweats02]
 
 
すごい・・・なんという場所でしょうか!!
 
 
 
 
Img_0243
 
 
 
 
遥か先まで朱色で続く鳥居の道。
 
 
こんな場所は今まで見た事がありません・・・!!
 
 
圧巻・・・。
 
 
圧巻としか言いようのない風景です。
 
 
 
 
Img_0244
 
 
 
 
京都に来て良かった・・・。
 
 
本当にそう思わせてくれる場所でした。
 
 
これは凄い。
 
京都未体験の方は、ここ伏見稲荷は絶対にオススメです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こうして伏見地区を満喫し、真冬の京都旅は最後の目的地へと向かいます。
 
 
 
長きに渡った京都編、次回にて最終回です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

 
 
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加