読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

とことこ散歩ライフ

真冬の京都へ旅しに行こう(2) 宇治

連載!旅シリーズ! 関西お出掛け
 
真冬の京都シリーズ、第2回です。
 
 
 
 
 
前回、京都駅近くの東寺へ行き、電車にて南へ移動[E:train]
 
 
抹茶で有名な宇治を歩きます。
 
 
 
 
 
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 
 
 
 
 
☆2015年1月6日 14:20 京都府宇治市 JR宇治駅
 
 
 
 
Img_0049
 
 
 
 
やって来ました宇治駅
 
 
少し雨も止み始めて、なんとか散策できそうです。
 
 
 
思ったより普通の駅舎ですが、ここから歩き出します。
 
 
 
Img_0051
 
 
 
 
ふーむ??
 
 
なんだろう。なんのモニュメントだろう。とか思いながら歩きます。
 
後ほど、なんなのかは判明しますが勉強不足な僕はてこてこ進みます。
 
 
 
Img_0052
 
 
 
京都観光で、東寺から始めるマイナーぶりですが、二か所目が宇治というのは、さらにマニアックなルートでしょうか(笑)
 
 
バリバリの王道からは外れてますが、せっかく京都駅から電車で宇治まで来たので抹茶をいただきたいです。
 
 
写真の建物は中村藤吉本店。
 
 
ここでお抹茶をいただくこととしましょう~[E:japanesetea]
 
 
 
 
Img_0053
 
 
 
 
抹茶と、抹茶の生チョコ。
 
 
苦味がありつつも、ほんのりと甘い味が口に広がる上品さ。
 
 
これをストーブにあたりながらテラス席でいただくという贅沢。
 
 
 
 
 
続いて席に運ばれてきたのはメインの甘味です。
 
 
せっかくの宇治!抹茶づくしと参りましょうか!!
 
 
 
Img_0054
 
 
 
 
抹茶のアイスがめちゃめちゃ美味いこちらは生茶ゼリイという一品!
 
竹の器に入っているところが素敵です[E:happy02]
 
ここ本当に良いお店です。
 
味ももちろんサイコー!!
 
そして店員さんが優しい!若い人もベテランの人も接客のホスピタリティが高い!!
 
常連になりたい!!
 
そんなお店でした。
 
 
 
 
 
 
Img_0056_2  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、お店を出ると雨はほとんど降ってません。
 
傘をたたんで宇治の街を進んでいきます。
 
 
 
Img_0058
 
 
 
 
訪れたのは平等院です。
 
 
ここは世界遺産です!!
 
 
何と1日で二つの世界遺産を巡ることとなりました!![E:coldsweats02]
 
 
最も有名なのは平等院鳳凰堂ですよね!
 
 
 
Img_0062
 
 
 
 
お手持ちの10円玉をご覧ください!
 
その絵柄になっている場所です!!
 
京都来る前に教えられていたので「こ、ここがぁ!(゚0゚)」と驚きましたよぉ。←無知
 
 
元々は紫式部が仕えていた中宮の父、藤原道長が別荘として使っていたという。
 
それが後に寺院になったのだということです。
 
 
紫式部・・・・??
 
 
ということは、駅前で見たモニュメントは紫式部か!!
 
 
 
それにしても美しい場所です。
 
 
 
Img_0063
 
 
 
 
鳳凰堂もとてつもない建築美ですが、それを囲む、池や松などが、さらなる美しさを演出しています。
 
鳳凰堂の中にも入り、ガイドさんの解説を聞くことが出来ました。
 
徐々にですが無知な頭に知識が増えていきます。
 
 
 
Img_0059
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再び雨が[E:sprinkle]
 
 
平等院をあとにして、宇治の橋を渡っていきます。
 
 
 
Img_0068
 
 
 
宇治川を渡るのは宇治橋
 
橋の上には三の間というお茶の儀式で使う場所もあります。
 
 
 
そして辿り着いたのは宇治市源氏物語ミュージアム
 
 
Img_0070
 
 
その名の通り源氏物語をテーマにしたミュージアムです。
 
ここで勉強しようと思います。
 
 
Img_0071
 
 
 
 
なんじゃ!!?Σ( ̄ロ ̄lll)
 
 
やたらと金がかかっておる!!
 
 
 
Img_0072
 
 
 
展示、立派すぎるだろ!!っていうくらい再現度高い!!そして照明演出されまくり!
 
 
 
Img_0074
 
 
 
この落ち葉も照明。
 
解説アナウンスの進行により季節感が照明によって表現されていく。
 
すごく良い演出だけど、こんなに立派にするならもっと宣伝と広告しなきゃダメだよ!![E:coldsweats01]
 
 
 
 
Img_0075
 
 
 
↑これ、実は紗幕になっています。
 
前から照らしてるオレンジの照明を消して、幕の向こうの照明が点灯すると・・・
 
 
 
Img_0077
 
 
 
奥には透かしでさらなる世界が。
 
その向こうにも紗幕で女性が現れる・・・演出すご。
 
 
 
もっとちゃんと宣伝しろよ!
 
とは思いますが世界へは引き込まれます。
 
お金かけすぎな短編映画も見たし、源氏物語の根底にある世界観の勉強はたっぷり出来ました。
 
(もしかしたらキャストさんは友情出演で無料とか?!だったらいいなあ。ナレーション緒方直人って・・・世界遺産か)
 
今まで何も知らなかったなあと反省。
 
 
Img_0080
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうこうしているうちに閉館時間。
 
 
こうして宇治の街の散策は終わりです。
 
 
 
Img_0085
 
 
 
宇治川の上流を見ると、幻想的な雲が。
 
 
 
 
 
Img_0083
 
 
 
 
 
日暮れの宇治橋を渡り、宿泊先である京都駅に戻ります。
 
 
 
 
 
 
 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ

 
 
 
にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
このエントリーをはてなブックマークに追加