読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

とことこ散歩ライフ

とことこ函館散歩旅(2)元町編

連載!旅シリーズ!

3年ぶりに上陸の北海道。

一泊二日の函館さんぽ旅です。

 

朝10時に函館駅から散歩を開始。

朝市と赤レンガ倉庫で成るベイエリアを抜けて、次なるエリア・元町へと進んでいきます。

 

→前回の『出発~ベイエリア編』

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆2014年1月20日 13:00 函館市八幡坂の下☆

 

赤レンガ倉庫から徒歩2分。

次なるエリアは坂道の町・元町です。

 

元町は、1859年の鎖国時代の終了と共に、イギリスやロシアなどの西洋の文化が一気に流れ込んできた町。

当時は1階が和風、二階が洋風というスタイルが流行したらしく、その名残もあって、和洋折衷な雰囲気のある町という事です。

 

今回、その入口地点となるのがここ、八幡坂です。

 

Img_0124 

 

やはた坂・・・ではありません。はちまん坂です。

 

すでに函館山がすぐ近くまで迫ってきています。

ここらにはバンダナ巻いた警備さんが、いるとかいないとか。

坂道ですが、歩道の端っこが階段になっているため、ツルツルと滑り落ちるなんて事なく登れます。

 

登りきって振り返れば、テレビや雑誌で見る景色。

 

 

Img_0127_2

 

 

いやあ、これは良い風景ですねえ[E:note]

 

完全にオフシーズンとあって人通りが少ないのでバッチリとセンターで写真を撮れました。

函館出身の後輩によると、夏は賑やかなのだそうです。

 

坂道の町としても有名ですが、やはり元町といえば羊羹です。

 

は??

 

洋館です[E:sweat01]

まずはカトリック元町教会へと行ってみました。

 

Img_0128 

 

 

これは・・・立派な教会ですね!

僕も色々と散歩をしてきましたが、神社やお寺には数多く行けど、教会に入るのは初めてです。

こちらは開放されている教会ですので、中に入り厳かな空気を味わってまいりました。

 

 

神聖な場所ですから写真は撮れません。

中は映画で見る様な立派な作りの教会となっていて、静かでひんやりとした空気が流れていました。

音の響きがあって、合唱というのは元々は教会で歌われていたものだという事に納得しました。

 

 

Img_0130 

 

 

何かいます。教会のてっぺんに。

それがまたカッコいいのでした。

 

 

 

さて、人通りも少なくなると雪も積もったままの路地となります。

地元の高校生と、海外からの観光客だけの中を進んで行きます。

しっかし冷えるね~[E:penguin]

 

Img_0131
 

 

チャチャ登り。

これはさすがに登りません。

ですが、すぐ真横に斬新なデザインの教会があったので寄ってみました。

 

 

Img_0133 

 

 

函館聖ヨハネ教会です。

 

建物を上から見ると十字の形をしているというデザイン性の高い教会。

遠くからでもすぐにわかる形なので、この後に登った函館山からでもすぐにわかりました。

 

ここもまたカッコいいなって思っちゃうのでした。

 

Img_0135 

 

 

さて一度、八幡坂の方まで戻って、さらに反対側へと歩きます。

元町ならではの和風とも洋風とも言い切れない住居が色んなところに建っていました。

 

Img_0138

 

 

日本なのですが、やはり少し北欧の様な雰囲気があるところです。

撮った写真がたっぷりとあるのですが、ブログも長くなっちゃうので、印象的だったところだけ抜粋してお送りしております。

 

それにしても寒い・・・[E:snow]

ブルっと体の中から震えが来る時があります。

風邪・・・引いてないだろうな、と心配になります。

 

そんな不安を覚えつつ辿りついたのがこちらの場所。

 

 

Img_0146

 

 

旧・函館区公会堂です。

明治43年に建築されたという、シンメトリーなデザインの洋館です。

 

Img_0148_2

 

 

僕ねえ、今回、ここだけは押さえておきたかったんだよね。

元町のメインとしては八幡坂の風景が一番かもしれないけど、旧・函館区公民館はハズせないなって思っていたんですよ。

色といいデザインといい質感といい、これはもう、チョー良い[E:shine]

 

ここには日本の観光客も来ていて、遠くから来たという御夫婦にお写真を頼まれて撮ったりしました。

僕のも撮ってもらったり、カップルの写真を撮ったり、外国の方のファミリーの写真を撮ったりと大わらわ!!

「エックスキューズミー」

西洋のカップルに写真を頼まれました。

 

僕 「3.2.1.ショット!」←僕のこの掛け声いいのか(^-^;

 

金髪彼氏 「オーイエー、サンキュー!!」←西洋の人は英語の発音が良いよね(笑)

 

僕 「ボンボヤージュ!!」←これ違ったかΣ( ̄ロ ̄lll)
 

 

 

旧函館区公会堂は中まで入る事にします。

 

Img_0149 

 

さすが素敵な空間が広がっていました。

中でもカップルの写真撮ったりしながら、真面目に施設を見学です。

ふむふむー。

 

 

Img_0150 

 

ここは何だろう。

ダンスホールなのかな。

明治時代、大正時代、客人をもてなす場所として賑やかにパーティーとか行われていたんだろうか。

なんて考えながら歩いてみます。

 

ちなみにこの建物はミシュラングリーンガイドで二つ星を獲得しています。

来て良かったなと思える場所でした。

 

ここまで訪れた、カトリック元町教会・函館聖ヨハネ教会・旧函館区公会堂の三つは、後ほど別の姿で再登場しますので、お楽しみに~[E:happy01]

 

 

続いて訪れたのは何故だかオドロオドロしい文字で書かれた・・・

旧イギリス領事館です

Img_0152



ここは大正時代~昭和初期までイギリスの領事館だったそう。

寒いので逃げ込む様にして中に入りました。

 

 

Img_0153

 

 

おおー、「仁」とかに出てきそうなお部屋ですねえ。

左上の人は本物じゃありませんよー[E:coldsweats01]

ビクトリア調の建物だということで、記念に一枚撮っておきました。 

 

 

Img_0155

 

 

真ん中の小さな穴から、僕の持つデジカメが覗いています。(白いカメラ)

そんで、紳士のイラストの顔の部分が僕。

それでこの写真の出来上がり。

という事はどういうことなのか?

 

わかりますでしょうか。

コレは鏡に向けて撮った写真なのでした~[E:flair]

わかるかな。

 

 

さて、外は寒さも増して来て・・・

 

骨まで冷え切ったかの様な辛さです。

高熱の時のような、体の内面から来る震えが来ます。

 

厳しいぃ~[E:bearing]

さすがに数時間も歩き回ると厳しいです。

(館内も暖かくない施設が多いのです。元町に来てからは冷えきってます)

 

ここらで再び喫茶に入ります。

 

Img_0156

 

 

ここに入ろう。

茶房 菊泉さん。

中に入ると、これはまた良い感じの古民家カフェです!ここはいいぞっ!!

 

 

Img_0158

 

 

あーこういう古民家カフェ好きだわー。

こういうお店が地元にもあればいいのになー。

とにかく冷え切った体を温めるのだ!!

ストーブもあるけど・・・

こっちがいいかな。

 

 

Img_0157

 

 

囲炉裏[E:spa]

あったまるなあ~。生き返る~[E:dash]

こうして温まりながら、さらに温かいものをいただくとします。

午前中にも雑煮を食べたけれども・・・・・・

 

 

Img_0160

 

 

今度はぜんざいです。

実に温まります。

ほんと、生き返る様な気持ちです。

明日も来たいな~って思っちゃいました。

函館リベンジがあったら絶対に来たいです。

 

Img_0161

 

 

まったり1時間ほど休憩して、出発する際、写真のお話をしてくださいました。

カメラもたくさん並んでるし、きっと写真好きの方がいらっしゃるんだろうな。

 

 

 

さて、時刻は16時。

いよいよ、山を登ります。

果たしてこの先で待ち構えているものとは・・・!!!

 

 

Img_0162

 

 

→次回は夜景編

 

 

 

立ち寄った場所リンク

カトリック元町教会

函館聖ヨハネ教会

旧・函館区公会堂

旧・イギリス領事館

茶房 菊泉

にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
このエントリーをはてなブックマークに追加