笑っていこうよ!

日野から始まるお出掛け&お散歩ブログ。現在「初めての沖縄!宮古島旅行記」更新中~☆

聖蹟桜ヶ丘散歩2013

約2年前まで、このブログのサブタイトルは「聖蹟桜ヶ丘の平和な日々」でした。

それから随分経って、久しぶりに聖蹟桜ヶ丘を本格的に散歩してきました。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

☆2013年11月5日 10:45 聖蹟桜ヶ丘駅前☆

 

 

10時から駅前の歯医者で治療を受けて、久しぶりに聖蹟桜ヶ丘周辺へと繰り出します。

まずは駅から東の方への住宅街へと進んでみます。

 

Dsc_2077 

 

何か水路の様なものがあり、その脇を続く長い直線を歩きます。

秋晴れの気持ちいい天気にこういうところを歩くと鼻歌を歌いたくなります[E:note]

 

 

Dsc_2080 

 

しばらくすると大栗川という少し大きな川に合流です。

聖蹟桜ヶ丘というのは東京の郊外の多摩市にあるのですが、もうすでに東京都とは思えない、のんびりした空間へと変貌しています。

 

Dsc_2081 

 

木々に囲まれた公園ぽいところへ進んでいくと・・・

 

Dsc_2082_2 

 

線路も無いのに踏切が[E:coldsweats02]

どうやらここは交通公園の様です。

 

Dsc_2084 

 

そして、ここからお隣の稲城市の方角へ向けては野鳥観察の人たちがカメラを構えておりました。

確かに何か大きな鳥が飛んでいましたよ。

 

 

僕もここらで川沿いの土手に座って休憩です。

 

 

・・・と、思ったら・・・

 

 

 

 

Dsc_2085
 

 

 

はっΣ( ̄ロ ̄lll)

こちらに向かって、ねこが一直線に向かってきます!!

 

「にゃー!!なんか匂うぜよー!!」

明らかに僕めがけて迷いなく突っ込んできます。

 

「な、なんだ!?敵襲か!? 匂うって・・・僕はお菓子とか持ってないぞ!!」

「いや、なんか匂う!なんか匂うぜよ!!」

 

もう興奮しすぎて土佐弁になっちゃってる猫。

僕の足元までやってきて、体をすり寄せて「にゃー!」と連発!!

 

やがて匂いを発見!

 

 

 

Dsc_2086 

 

 

「靴が臭うにゃ」

靴かよ!!∑(゚∇゚|||)

 

臭わないだろー。洗ったばっかだし[E:coldsweats01]

 

「もっとちゃんと干すべきにゃ」

「そ、そうかな・・・」

 

 

ゆうきとねこ 第7話 完 (=‘x‘=)

 

 

 

さて、今度は多摩川沿いを上流へと進みます。

 

Dsc_2088 

 

いい感じの河川敷をのんびり歩きます。

今回は「とことこ神奈川」ではありませんが、それ並みに長時間歩く予定で時間を組んでるので、のーんびりまーったり歩きます。

 

Dsc_2093 

 

僕にとって多摩川といえば、聖蹟桜ヶ丘での、このアングル。

辛い時、悩んでる時、震災でやる事が無い時、いつもこの辺に来ていました。

 

Dsc_2094 

 

そんな河川敷も秋の装いです。

季節はゆっくりと進んでいるのですね。

 

多摩川を離れ、過去に住んでいた住宅街を進みます。

 

Dsc_2097 

 

聖蹟桜ヶ丘は少し駅から離れると、こんな感じ。

ちなみにこの写真の中に、2007年~2011年まで住んでいたアパートと部屋の窓が写りこんでます。

 

ここから歩いてすぐのこころで休憩タイムです。

 

Dsc_2099 

 

百草ファーム直営ジェラート

「アルティジャーノ・ジャラテリア」です。

 

Dsc_2098 

 

よく食べていたジェラートです。ここのミルク味は絶品で、テレビでもよく紹介されるほどです。

 

少し戻ったところにあるのが、よくお参りした小野神社。

 

Dsc_2100_2


ここらに住んでいると、選挙の投票もここで行われます。

 

Dsc_2101 

 

境内に入ると、不思議なことに外の喧騒がふっと消える・・・そんな場所です。

 

Dsc_2102 

 

最初、2007年に引っ越してきた当時は、夜にこの辺を歩くのが怖かったものです。

でも、慣れてきた後は、よくこの前を通勤で歩いていました。

 

さて、駅まで戻って、後半は聖蹟桜ヶ丘の大定番である「耳をすませば散歩」です。

 

Dsc_2075 

 

聖蹟桜ヶ丘ジブリ映画「耳をすませば」の舞台となっている場所でもあります。

駅前には写真のポストがあり、耳すま散歩の地図が添えられています。

 

Dsc_2104 

 

駅からすぐの「いろは坂

この登り坂は、映画では自転車で駆け下りたりします[E:bicycle][E:dash]

 

そして、こんな階段も映画に登場します。

 

Dsc_2105



いや待てよ?ここは上から下を眺めるアングルだったっけ??

写真撮る位置間違えたな[E:sweat01]

 

Dsc_2106 

 

階段を登ると、金毘羅宮さま。

主人公・雫が友人に告白される神社です。

今では恋のおみくじで人気の場所となっています。

 

Dsc_2108 

 

まあとにかく景色の良い丘の上なので、気分良い散歩が出来ます。

なのでこのブログでも過去何度も歩いています。

 

Dsc_2110 

 

丘の上には特徴的なロータリー。

雫はネコを追って、ここまで来るんですよね。

そーいや、さっきのネコは何も案内してくれなかったな[E:coldsweats01]

 

Dsc_2111 

 

さらに進んで愛宕団地というところ。

多分、ここら辺が雫の家ってコトになるはずです。

 

と、まあ耳すま散歩をしていると、いつの間にか永山駅です。

 

Dsc_2113 

 

久しぶりの聖蹟桜ヶ丘散策は、ちょっと懐かしい気分も味わえる良い一日となりました。

 

 

→カテゴリー聖蹟桜ヶ丘

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加