笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

久しぶりに照明などを。

楽天の優勝、すごかったですねえ。

最終回、まさかのまーくん登場。

ファンモンの「あとひとつ」が流れる中、厳しい表情でマウンドに降り立つその姿に泣けちゃったよ。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

久しぶりに照明の仕込図面なんて書いてしまいました。

 

すでにカラーフィルターの色番号がよくわからなくなってきている様な・・・

 

このブログは「小屋付き」だとか「照明の仕事」で検索されている事も多い様なのでざっと劇場管理の照明の仕事の説明すると・・・

 

 

①まずは主催者と全体の打ち合わせ

②催しの中の照明セクションのご要望を伺い、予算や技術的な事で相談&打ち合わせ

③後日、進行表などをいただき、それを元に最打ち合わせ

④打ち合わせを元に照明をどう準備するかの図面作成

⑤いよいよ本番当日(この日の動きはパターン多すぎるので割愛)

(↑一般的な流れであって毎回こうではないからね!制作会社まで出向く事とかもあるし)

 

Dsc_2074 

 

照明っていうのは基本的には写真の様な機械(卓といいます)を駆使して点灯させます。

特殊な照明(ムービングライトやLEDライトなど)は、もっと違うものを使います。

 

劇場管理もちょっとした現場もホテル管理もした僕の経験では、

劇場管理の照明さんが最も幅広い知識を必要とします。

 

照明さえやっていれば良いというワケではなく、進行をしたり簡単な音響も仕込めたりしなければいけないし、劇場運営団体との折衝もします。

そのかわり、照明を深く掘り下げる事に関しては現場まわりの人には全く敵いません。

(といっても僕は劇場管理の照明さんの仕事が一番やりがいありますが)

 

 

とか書いたけど今の僕は照明さんという感じではありません[E:sweat01]

先週の一番の仕事はスネアドラムのチューニングでしたし[E:note]

 

 

さて今回は約2ヶ月半ぶりに、とある劇場にて照明を担当しました。

僕と、フリーランスの照明さんの二名での仕事です。

久しぶりだし、けっこう考えて奥行感をどう出そうかと試行錯誤。

 

一個の催しで、ひとつくらいは記憶に残る照明を心がけているのですが、今回はどうだったかな。

今回のそのシーン、スタッフ間では評判良かったけど、お客さん的にどうだったろう。少し眩しかったかな。

 

なんて考えたりしたけど催しは無事に終了~[E:good]

 

 

次に照明やるのはいつかな??

まだやるのかな??

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

さて次回は、ひっさしぶり、1年7ヶ月ぶりの聖蹟桜ヶ丘ネタです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加