読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

とことこ散歩ライフ

夏バレエ2012 白鳥の湖

舞台照明とか劇場管理とか

だいっぶ久しぶりに「旅」と「とことこ神奈川」以外のコトを書きます[E:pencil]

 

遊んでばっかいたわけじゃないんですよぉ。

毎日、イベントホールで展示会とかを担当してるんですよぉ。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

 

久しぶりにご指名いただきまして、バレエ発表会のお仕事へと行ってまいりました。

チーフ(照明デザイン)はフリーランスの葛西氏(仮名)

ぼく、「ゆうき」はサブチーフということで、照明卓のオペレートです。

そしてピンスポットや舞台袖の担当は、全てぼくが前に所属していた会社の社員さんたちです。(あ、いや、一人うちの会社のメンバーもいる)

音響さんは、この業界で一番最初の先輩である、倶楽部さん(仮名)

→二年前のこの仕事の様子「夏バレエ2回戦!」

 

作品は「白鳥の湖」です。三大バレエのうちの一つです。

(「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」)

 

まんずはダダダッと照明の吊り込みです。

 

何だか苦戦して怒鳴られている人もいましたが、苦戦もしてないのにぼくは怒鳴られました。

 

「なんでー?」

「お前は何もなくても怒鳴っておく。その方が楽しい」

「まあ、楽しいならいいですけど」

 

指名しといてコレなのですが、このチーフとは昔からこういうパターンです。

ぼくも自分の役柄はわかっております。

 

走り回る人もいますが、今回はのほほん派でいきます。

 

シュート(照明を当てたいものに当てる作業)では、チーフが上からの明かり(サス)を指示して、ぼくは前からの明かり(シーリングなど)を指示することになりました。

ふむー。こういう同時進行で指示するの、あまりやったことないー[E:sweat01]

 

 

初日は場当たりと通し稽古まで。

久しぶりに見るバレエは、なんだか楽しいです。

 

 

二日目になるとゲネプロが始まります。

白鳥の湖に出てくる王子は、オデットのコトが好きなくせにフィアンセが四人もいるし、

最終的にオデットの偽物、オディールに愛の告白をするという、

とんでもないドロドロした展開のお話です。

 

偽物オディール(黒鳥)に告白をしたときが照明での見せ場になるのですが・・・

 

 

汗かいたー。

マジ緊張する。このシーン。いつもそうなんだけど。ドキドキするの。

 

 

そして、王子は黒鳥をよこした悪、ロットバルトとの戦いへ。

 

からくもロットバルトを倒した王子は、なんとかオデットと結ばれましたとさ。めでたし。

 

 

 

われわれ、照明チームもお仕事はめでたしで、打ち上げで大騒ぎをして、帰りました。

 

 

というわけで、二年ぶりの夏バレエ、めでたしめでたし[E:flair]

今年は二回戦へ続きます。

 

♪今日の一曲/桑田圭介「幸せのラストダンス」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
このエントリーをはてなブックマークに追加