笑っていこうよ!

日野から始まるお出掛け&お散歩ブログ。現在「初めての沖縄!宮古島旅行記」更新中~☆

琵琶湖一周の旅(3) マキノ~坂本編

→前回までの続きです。

 

正解は「竹炭」でした。

炭であの黒さを出しているんですね[E:coldsweats02]

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆3月8日 午後5時頃 琵琶湖・湖北地区、北陸本線にて移動中☆

 

あーまだ初日の事を書いてるよぉ。まあ初日が一番長い一日だったからねえ。

 

前回の白川郷への旅でも富山県内で乗った北陸本線に乗って、長浜駅からさらに北上します。

1時間に1本ほどしかない電車は日本海へ向かう様です。

僕は琵琶湖最北端の駅、近江塩浜にて乗り換えです。

 

もうね、彦根や長浜よりだいぶ北上しているから寒いんです[E:typhoon]

しかも通過する駅には人どころか建物もほぼ皆無みたいなトコもあって、寂しい感じです。

旅情って言葉があるとしたら、こういう寂しい景色で生まれるのかもしれないねえ。 

 

そうして移動すること一時間少しでしょうか。

今日の宿泊先のあるマキノ駅に到着しました[E:train]

Img_0606

 

・・・。

前回の氷見駅での一件を思い出しますねえ[E:sweat02]

 

ここは真冬はスキーリゾート地、夏は湖畔でのバーベキューなどの地区らしいですが、この日は人なんて皆無。

遠くを見れば確かに雪山ですが。

 

Img_0607 

 

とりあえず、湖畔へと出てみる。

 

Img_0608 

 

ひとり、体育座りして湖を眺めている20代のカメラ女子がいました・・・。大丈夫かなあ。

 

しかしやる事無いね、この街は。

昼間の彦根や長浜の賑やかさは何だったのか。

 

もう宿泊先へと向かいます。

 

Img_0611

   

奥琵琶湖プリンスホテルです。

え?贅沢?

4800円ですよ[E:note]

 

Img_0610 

 

ロッジ風なお部屋でくつろげました~。

料金が格安だったので、思い切ってコース料理をオーダーしました。

運んでくれるボーイさんに街で見かけた疑問をぶつけます。

「他人丼って何ですか?」

その方は何と調べてきてくれました!!

なんて素敵な人でしょうか。ああいう接客を見習いたいものです。

 

こうして旅の初日は少し早めの時間で終了しました。

深夜バスの疲れのせいか、もうぐっすりです[E:sleepy]

おやすみなさーい。

 

 

 

☆3月9日 午前10時☆

 

さて、二日目は湖西地区を南下するという予定です。

マキノプリンスホテルを出て、マキノ駅まで歩き、1時間に1本の電車を待ちます。

琵琶湖を自転車で一周している人たちも同時に出発していった様ですが、この日は小雨[E:sprinkle]

本当は高島という地区で電車を降りて湖畔カフェでも行く予定でしたが、思いっきり南下します。

1時間くらい南下した、比叡山坂本という駅で下車。

 

ここは世界遺産である比叡山延暦寺のある駅です。

京都のイメージが強いですが、実は琵琶湖から行けるんです。

ケーブルカーで一気に頂上にある延暦寺に登ってもいいんですが、一時間少しで登れるという事なので、やや小雨が降っていますが、歩いて向かいます。

 

Img_0613 

 

それでは参りましょうか、比叡山[E:sign03]

 

歩き始めてすぐにあるのが日吉大社

Img_0615 

 

Img_0616  

 

合掌という珍しい形をした鳥居です。

凄く圧倒的。

なんだろうね。不思議な感じがした。

 

Img_0621 

人が少ない事もあるかもしれないけれど、雰囲気が凄い。

静かにゆっくりと散策させてもらいました。

 

そしていよいよ比叡山に登ります。

Img_0626  

 

 

ただね、この時点で気づくべきだったんですよ。

よく調べておけばわかったハズだし、周りを見ていれば気づける要素もあったはずなんです。

 

観光地なのに人がほとんどいないって事に。

そんでもって、その理由にもねー。 

 

 

さてここでクエスチョンです[E:pencil]

マキノプリンスホテルは4800円での宿泊でした。

プリンスホテルなのにこの格安。

これには大きな理由があるのですが、それは一体何故でしょうか!!

 

 

次回へ続く[E:soon]


大きな地図で見る

 

♪今日の一曲/ひこにゃんひこにゃん音頭」

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加