笑っていこうよ!

☆真夏の信州編 連載中☆

琵琶湖一周の旅(2) 彦根~長浜編

→前回までの続きです。

 

正解は井伊直弼でした。

第1問は歴史問題でした。わかったかなー?

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

☆3月8日 午前11時30分頃  夢京橋キャッスルロード☆

 

彦根城から徒歩で数分。

キャッスルロードにやってきました。

Img_0589  

去年食べ歩いた、川越や飛騨高山にも似た通りです。

地元の飲食店やお土産物屋さんがズラッと並んでいます。

今はまだ土産は買いません。

今回は琵琶湖一周の旅ですからスタート地点である彦根にはもう一度来るはずですから。

 

それなら食べましょうか[E:delicious]

 

まずは分福茶屋さんのつぶら餅

Img_0590 

このお店の名物というべきお餅。

熱々なのでハフハフしながら食べます。美味しいです。一個なんと60円!!

 

食べ歩きしたいところですが、お店に入って座ることにしました。

Img_0670

滋賀県ではありますが、比内地鶏の有名店ほっこりやです。

店内はお洒落なカウンター。

Img_0592 

普段なら入らない様なお店も、旅の時は思い切って入ってしまいます。

美味しいものを食べるのに遠慮も予算も気にしませんよお[E:sun]

 

Img_0593 

 

比内地鶏の極上親子丼です。

うまい。マジでうまい[E:happy01]

 

特に卵がとてつもないッス!

ふいー、幸せです。

 

 

 

さて、彦根の町は午前中で終わりにして、琵琶湖を反時計周りに進みます。

琵琶湖の東側を北上することになり、続いて立ち寄る町は長浜というところです。

湖東の代表が彦根ならば、湖北の代表が長浜だと思われます。

 

スマホの電池がやたら減っていたので、ドコモショップへ行ったのですが、長浜駅から30分近く歩いた・・・。

しかも店内で熟睡・・・[E:sleepy]

やはり深夜バス「びわ湖ドリーム号」でのダメージはデカイ[E:annoy]

 

気を取り直して長浜市内の観光に出ます。

伊吹山という雪山を遠くに眺めつつ、向かうは黒壁スクエアという一角です。

 

Img_0595 

 

さきほどのキャッスルストリートに近い雰囲気ですが、こちらは少し洋風な感じがします。

 

Img_0596   

 

ガラス美術館とかもありますし、見学する場所がわりとありますが、

とにかくもう座りたい。

時間は午後3時近くだし、お茶するコトにしました。

 

黒壁カフェ・パクトさんに入ります。

 

Img_0598 

 

壁・・・白いけど。

 

まあいい。メニューが黒いですからね。

 

Img_0597 

 

黒壁ロールケーキです[E:cafe]

入ってるクリームが凄く良かった!!

 

なんだかまったりと過ごしてしまいました。

やっぱりカフェって好きだなあ[E:note]

のんびり時間って素敵だね。

後ろの席でオジサンが観光ガイドのお姉さんを口説いてたのがウケたけど・・・

ガイドさん興味なさそうだったなあ~[E:coldsweats01]

 

 

この黒壁スクエアで職場のお土産を購入し、湖畔へと向かいます。

途中、長浜城というのがありました。

Img_0600  

 

入ろうとしたら・・・

 

Img_0605 

 

ココも猫が待ち受けてました。

お城って猫が多いのかな。

 

で、まあ午前中もお城にいたから、長浜城はやめて湖畔を眺めます。

 

Img_0602  

 

もうね。対岸が見えないんだよね。

曇っているからだと思うけどさ、海にしか見えない。

 

この時の僕にはまだわかってないんだよね。

翌日、対岸で、あんなハプニングが起ころうとは・・・。

 

 

 

さて、ここでクエスチョンです[E:pencil]

黒壁カフェ・パクトさんで食べた黒いロールケーキ。

あれは一体、何の食材で黒くしていたのでしょうか?

 

 

次回へ続く[E:soon]

 

大きな地図で見る

♪今日の一曲/高橋優「素晴らしき日常」

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加