笑っていこうよ!

☆真夏の信州編 連載中☆

せいせき→淵野辺 ママチャリ走行20km

 

今回から「聖蹟桜ヶ丘の平和な日々」改め「東淵野辺のゆったり日常」です[E:spa] 

 

ま、前々から思ってますが、あまりのんびりしてる記事が少ないんですが、

目指してる生き方は本当は「のんびりまったり」です。

 

・・・という事で、ブログも久しぶりにリニューアルです。

新しい「なんとかなるでしょ!」をよろしくお願いします。

 

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

さて、引越しも終わりました。

が、自分の軽自動車に入りきらなくて運べなかったママチャリ(シティサイクル?)を聖蹟桜ヶ丘から相模原市へと走らせます。

 

ま、とにかくせいせき駅前でゴハンを食べて、午後3時に出発。

さらば!!

Dsc_0252  

 

せいせきから相模原市淵野辺までは直線では14キロですが、間に山があるので大きく迂回します。

野猿街道をひた走り、京王堀の内駅あたりまで進んだら、多摩ニュータウン通りを神奈川方面へ進みます。

Dsc_0254  

ただひたすらに、真っ直ぐ進む道を南大沢まで行くと、もう陽が傾いてきました。

まぶしいってばよ!!

 

大沢駅前はママチャリには厳しいレベルの坂がありました。

ぜいぜいと息を切らして登りきると、心臓がバクバクして気持ち悪くなりました。

年か[E:sign02]

 

そして目の前に現れたのは小山内裏トンネルです。

Dsc_0255 

ここを抜ければ、多摩エリアは終わり、町田市へと突入です。

僕は、幼稚園時代から就職するまで、町田市に住んでいたので、いわば地元を通る事になります。

 

トンネルを抜けると、そこは多摩境駅前です。

ここにはドライブスルー付きというスタバがあるので、一度休憩にします。

スタバではカフェモカが好きです[E:cafe]

あとはホワイトマカデミアクッキーがお気に入りです。

 

まったりカフェしていると、すっかり夕暮れです。

スタバ近くからは、これから生活する相模原の平野部を見る事が出来ます。

Dsc_0256  

写真中央の高いビル辺りが相模原駅付近です。

右に見えるのは丹沢山脈でしょうか。

関東平野の端っこです。ここから先は山しかありません。

僕が向かう淵野辺という町は写真でいうと左の方角です。

 

 

せっかくなので山梨の方向も一枚撮ってみます。

角度の問題で富士山は見えませんが[E:fuji]

Dsc_0257  

 

いやあ懐かしい風景です。

子供の頃、毎日見ていた景色です。

 

そのまま町田街道を東へと進むと、思い出の場所が登場です。

Dsc_0259  

通っていた小学校です[E:hotel]

外見だけでは、ほとんど何も変わって無い様に見えました。

ちなみにココの目の前で、19歳の時に人生初めての告白をしてフラれた経験があります。

うーん、懐かしい!

あの時はホントへこんだなあ[E:coldsweats01]

 

さて、町田街道をさらに進み、途中で淵野辺駅方向へと曲がり、境川を渡ります。

JR横浜線古淵駅淵野辺駅の間に、「東淵野辺」という町があるのですが、

ここが今回、秋まで住む、現在の実家です[E:house]

 

神奈川県、相模原市中央区、東淵野辺・・・・・。

わずかに8ヶ月の予定ですが、新しい日々が始まります。

相模原や町田をウロウロと散歩したり、例の神奈川を巡る探検をしたり、色々と活発に過ごしていこうと思います。

 

というわけで、よろしくお願いします。東淵野辺さん[E:shine]

 

 

♪今日の一曲/ユニコーン「自転車泥棒」

 

大きな地図で見る

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加