笑っていこうよ!

東京日野市の、とことこ散歩ライフ

雪降る世界遺産・白川郷

→前回までの続きです。

 

☆2011年12月18日  午前10時10分 岐阜県大野郡白川村☆

 

 

長々と白川郷への旅をお送りしてきましたが、更新四回目にしてやっと到着です[E:bus][E:sign04]

富山県からのアクセスはなかなか珍しいみたいですが)

 

世界遺産白川郷です。

057 

静かな山間に残る、日本の原風景・・・。ってトコかな。

これほどの雪が降っているとは想像以上です[E:snow]

ここ白川郷は、写真の様な合掌作りの家が114軒も建っているそうです。

1995年に、富山県五箇山と共にユネスコ世界遺産に登録されています。

さらにはミシュランガイドで、「わざわざ旅行に行く価値がある」として最高ランクの三ツ星を獲得しています。

隠田集落といって、昔々、負けた武士などが逃れてこの地にたどり着き、隠れて生活していたという事です。

養蚕が盛んであり、合掌作りの家の二階、三階で、蚕を育てていたそうです。

 

さて、真面目な解説はどこかで調べていただくとして、白川郷を歩いてみます。

059 

バス停の前はこんな道です。

合掌作りの家には今でも人が住んでいるので、わりと多くの地元に人がいます。

今では世界遺産観光で人が来るので、お土産物とか売ってました。

 

ほんとは「白川郷の湯」に入りたいのですが、何故だか開いてませんでしたので、

白川郷散歩です。

 

052 

つり橋を渡ります。雪が積もってるつり橋なんて渡るの初めてです。

054 

 

なんだか雪がすごくなってきましたので、お蕎麦屋さんに入ります。

けやきさんです。

061     

060 

とろろ蕎麦。

温まるよ~[E:spa]

一人旅で蕎麦。理想に近いですね、今回の旅は。

 

さらには飛騨牛のコロッケとかも食べてみちゃったりしました。

071  

ひょえー!うまい!うますぎる!!(←埼玉の十万石饅頭風)

 

だんだん寒さに慣れてきたので、白川郷の中を色々歩きました。

かなりな雪の中、傘も差さずにぽけーっと歩きます。

なんだか心が落ち着くんだなあ。

23区内の人ごみの中を通勤しているから、最近特に静かなトコが好きだ。

ここ白川郷は夜になるとライトアップもしてるみたいです。

 

さてさて、白川郷の中にはいくつか中に入れる家も存在します。

今回は神田家さんに入りました。

066 

養蚕を行うための三階部分です。

男の子心をくすぐる屋根裏ですよー。

窓から見る景色がまたかわいい感じ?

067 

画面左上には展望台があるのですが、残念ながら素人が歩いていくには厳しいとの事でした。

犬の散歩をしている地元のオジサンと色々会話したんですが、「そのクツじゃ無理だよ」とのこと。

「もうこんなに積もってるんですねー」と言うと、

「ええ?こんなの積もったうちに入らないだろう」

ウソだろ!!

どう見ても豪雪でしょ!!?

「毎年1メートル50センチくらいにはなるよ。まだまだこれから」

かー、スゴイなあ・・・。いやほんと。都会っ子は考えが甘いよね。

 

三時間半ほど雪の中を歩き、ついに旅は帰路へとつく事にします。

白川郷から濃飛バスで1時間乗り、濃飛バスセンターというところまで行って新宿行きの高速バスに乗る計画です。

 

さよなら白川郷

来て、本当に良かったです。

056 

 

 

旅はここで終了・・・。

の、予定でした。

ところが濃飛バスに乗っている時、岐阜県下呂温泉に住む、元・照明さんとメールしていたら、意外な事を知りました。

濃飛バスセンターがある町は・・・

どうやら観光地の様です。

高速バスのチケットをよく見れば、ああ、確かに聞いた事のある場所です!!

 

その町の名前は・・・

飛騨高山!!

 

旅は延長戦へと入ります。次回でいよいよ最終回です。

次回へ続く!

今回のルート 

大きな地図で見る

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加