読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

名栗村で物思い。

遡る事、16年。1995年の夏[E:sun]

 

高校のクラスメイトの、じゅん・ワタナベくん・ヨシオカくんとの四人で、自転車で一泊旅行する事にしました。

じゅんが「ゆうき調べて」と言うので、陸上部の練習の合間に雑誌で調べて、埼玉県の名栗村へとキャンプをしに行く事にしました。

当時、東京都の南のハジである町田市に住んでいた僕は、立川まで自転車をこぎ(シティサイクルみたいなやつ)、じゅん達と合流した後、名栗へ向かいました。

立川~拝島~青梅、と進み、山を越え、次々と近くに落ちる雷雨[E:thunder]に耐え、名栗村へと体力を使い果たしてたどり着いた記憶があります。

食料を買い忘れ、近くのテントにいた大学生にカップラーメンを分けてもらったり、

体力が残ってないため、次の日に帰るのをやめてテントで二泊した事を覚えてます。

後に「地獄の旅行だったな」と言われた自転車旅です。

 

2005年。その名栗村飯能市に合併され「名栗村」という単語は地図から消え去りました。

 

そして現在。 

「もう、無いのかあ」

ちょっと寂しいなあっって思ってたので、せっかくの休みを利用して名栗へドライブする事にしました。

自転車で行くのはさすがにムリなので・・・

よくまあこんなに漕いだねってくらい遠くの山の中に名栗はありました。

Dsc_0078  

名栗湖です。

なんとなく記憶にありました。

Dsc_0079_2  

 

 

もっと奥に「平の下キャンプ場」ってのを見つけて、16年前に三日間を過ごした記憶が蘇りました。

「うわあー、ここだ~」

キャンプ場と川、その周りの景色を何となく覚えてました。

 

でも一人でキャンプ場に入っても仕方ないので、温泉に寄りました。

Dsc_0080_2  

名栗温泉さわらびの湯です。

山の中にあるものの、指定管理者が入っている公共施設なので綺麗だし雰囲気もいいです。

Dsc_0081  

かなりゆったりと温泉に浸かって、景色を眺めながらぽけーーーーっとしました[E:penguin]

 

午後5時を回ると、村には人の姿があまり無いです。

色んな考え事をしながら村の全景を眺めます。

Dsc_0082  

夏は河口湖清里勝沼安曇野など、壮大な景色の連続でしたが、

秋も色んな景色を見たいと思います。いや、見に行きます。忙しかろうが何だろうが絶対。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加