読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

あの日の出来事(長文です)

本当なら今日は逆ダイエットについて書く予定でしたが・・・

 

記憶って薄れていくので、忘れない様に、一ケ月前の3月11日の出来事を書き残しておこうと思います。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

散歩してたんですよね[E:shoe]

八王子の方ってあまりよく知らないから、散歩してたんです。

いい天気だったんですよね。昼間は。

名前は知らないけれど、川沿いをのんびり歩いてたんです。

当時受けていた会社が、一次面接を通過して、次は最終面接だから受かった時のために仕事道具を買わなくちゃなあ・・・なんて思いながら歩いてた気がします。

 

八王子市の北野っていう駅に着いて、ランチをドトールにするかどうか迷っていて、結局駅ビル3階にあるフレッシュネスバーガーに入りました。

チーズ系のバーガーとコーヒーを頼んで、お店の奥に座って食べてた。

お店は3席に1席くらい埋まっているという感じで、そんなに混んではいなかった。

 

バーガーを半分くらい食べた時かな?

揺れてる気がしました。

近くにある吊り下げ式の電灯や、植木がゆっくりと横に揺れてました。

「あ、けっこう大きい」

そう思っていると、隣にいたサラリーマンが店員さんに「コレ、地震?それともココって電車が通るとこんなに揺れるの?」と言いました。

店員さんはもちろん「いえ、地震だと思います」という様な事を答えました。

ここで一気に揺れが大きくなりました。

とっさにコーヒーが倒れない様にして、カバンに手をかけました。

「どうするか・・・」

この時点ではまだ避難は考えていませんでした。

店員さん達が「これ以上強くなったら避難しましょう」と言った直後、さらなる揺れが襲ってきました。

ホント、襲うっていう表現です。激しく横揺れし、キッチンでは油が飛び散るのが見えました。

ここで一斉にみんな外へ向かいます。

自動ドアを店員さんが押さえつけ、そこを次々とお客さんが走り去ります。

「ありがとうございます!」

と店員さんに告げて僕も外へと向かいます。

走るとコケそうなので小走りで向かいました。

外に出る瞬間、上から物が落ちてこないか確認してビルから出ました。

周りのビルは大きく横に揺れまくっています。

 

「これは・・・電車はもう無理だな」

そう思いました。ケータイは繋がらなかったのですが、繋がらないという事は大きな地震が起きたという事ですから。

震度5を越えると高架のある路線は復帰に8時間はかかる。そういう話を千葉県の京葉線の駅員さんから聞いた事があります。

なので歩いて聖蹟桜ヶ丘に向かいます。

途中、少しケータイが繋がり、東北地方に10mを越す津波が迫っているという文字が見えました。

「そんな事ってあるのか?」

いつの間にか周囲は強風が吹き荒れていて、何だか不気味だったのを覚えてます。

さっきまでの平穏な空気はどこに消えたのか・・・。

続く最大余震。学校から集団下校する児童。渋滞しだした道路。

ケータイは時々繋がったので、心配な友達にメールで無事を確認しながら家へと歩きました。

 

自宅に着くと、あの映像です。

最初に見たのは仙台空港津波が来るところでした。

ここから先は被災地以外の人はほとんど同じだったと思いますが、テレビやラジオを聞くしか出来ない時間でした。

ちょうどお米を切らしていたので、さっさとお米だけを買いに行きましたが、まさかその後、あんな品不足状態になるとは思いませんでした。

あまりの被害と余震に目が冴えてしまい、冷蔵庫にある「ほろよい」を飲んでムリヤリ寝ました。(不謹慎とは思いますが)

 

結局、家族・知り合いで被害を受けた人はいませんでした。もちろん仕事が激減して大変な事になっている知り合いは何人もいますが。(照明屋さんは大打撃)

 

あんな長い一日は生まれて初めてでした。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

かなり長いし重くなったけど、あの日の出来事を残してみました。

次回からは、いつもの感じで書くから安心してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加