笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

盲目のピアニストへ。

ついに頭角を現しましたね、辻井伸行くん。

連日テレビを賑わせてますね。

僕が今までやったクラシックのお仕事で唯一「天才だ・・・」と思ったのが辻井くんでした。

楽屋では本番直前までハンバーグとか食べてるのにねえ。太るよ?

見えないのにスタッフに「よろしくおねがいしまーす」と言う姿勢が素晴らしいよ。

見えないからって、少し暗めの照明にしてゴメンね。雰囲気を出したかったんだよ。それは辻井くんにだけにしか使えない演出だったんだよ。

 

ラフマニノフもすごかったけど、僕が「天才だ」と感じたのはオリジナル曲。

「ロックフェラーの天使の羽」

ロックフェラーセンター前に降る雪をイメージして作った曲だと言ってたけど、見た事もない雪を想像して、あんな曲を作れるなんてスゲエよ。演奏中、雪が見えた気がしたよ。

ハンデを負いながら、努力する天才。

持ち上げてるんじゃなくて、ホントにアンタはスゴイ。

これからも調子に乗ることなく(周りの人もね!)楽しい演奏をしていってください。

debut

ああ、サインもらっとけば良かった(笑)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加