笑っていこうよ!

☆真夏の信州編 連載中☆

影信山~陣馬山ハイキング ファイナル!

前回までの続きです。

 

 

高尾山~陣馬山のハイキングもいよいよ佳境です。

影信山を出発すると、もう人は少ないもので、後ろ50mくらいのところを男の人が二人ほど歩いているだけで、前には誰もいません。

 

・・・と、その時でした。

何かの鳴き声とともに右の草むらがガサゴソと動きました。

 

何かいる!!

 

それと同時にあちこちで鳴き声が聞こえだしました。

右から何か動物がたくさん迫ってくる気配がします。

後ろにも前にも気配が現れ、というか頭上にも気配を感じました。

 

現れたのは・・・

 

 

猿の大集団です!!

 

 

右方向から猿の集団がやって来てたのです!!完全に囲まれてます。

バイな・・・。と、ケガくらいは覚悟しました。

後ろにいた人も猿を見て立ち尽くしてますが、彼らは集団の外側にいる様で、囲まれてるのは僕だけです。

ゴクリ。

とりあえず刺激しないようにゆっくりと前へ進みます。

こちらを見つめる複数の目。 

しかし特に攻撃してくる様子は無かったので助かりましたが、ヒヤヒヤしました。

集団を抜け出して、ホッとして進みます。さよなら猿軍団。

Img_1199 

↑偵察のサル?

  

 

しかし旅は長期戦。体力が減ってきてます。

カロリーメイトをかじりながら前へ前へ、進みます。

次の堂所山を越える頃には足が重くなってきました。

それに猿で時間をくったせいか、ゴール地点のバスの時間に間に合うか、微妙な展開になってきました。

次の明王峠に15時35分に到着出来なかったら、ここで下山も考えなければいけません。

ならば!!辛いがペースを上げるしかない!!

ピュレグミ・ウィダーインゼリー・カロリーメイトを総動員してエネルギーにして進みます。

 

 

明王峠に着いたのは15時32分でした。

Img_1200_2  

峠の茶屋・・・やってないー。

3分の休憩を取り、ラストの陣馬山へ向かいます。

最悪でも16時20分に陣馬山に着かないとヤバいです。

ここまで来ると、後は己の体力と気合と焦らない心です。

 

 

前も後もついに誰の気配も無くなる中、ヒジョーにキツイ階段が現れました。

きっとこれが最後の難関!

息切れしまくって階段を登ると・・・・

Img_1201_2 

ゴォーーーール!!!(写真に写ってるのは僕じゃないですよ)

Img_1202   

ついに最後の山、陣馬山の山頂です。

いやあ、とうとう辿り着きました。

素人の僕としてはかなりきついコースでしたが、やり切りました。

いろいろ思う所があります。

 

 

あとは下山です。

Img_1204 

ここが陣場山の和田峠で、ここからは車道を歩いてバス停に移動すればいいらしいんですが・・・。

バス停まで歩いて1時間とのこと。

はあ??

最終バスが17時25分。今、16時20分。

なんだかえらくギリギリだ!!急げーー!!

 

 

 

長い長い、下り坂。

コンクリートなので膝にダメージが蓄積されていく・・・。

痛くなってきた。

バイな・・・そう思った頃・・・

バス停到着!!17時18分!!

Img_1205 

これにて長い戦いも終わりました。

足も腕もパンパンです。

膝が痛いですが、気分は最高ですね!!

何かに全力で取り組むのって・・・・辛いけど楽しいです。

 

どうすか?みんなも。ハイキング。僕はしばらくやりません(笑)

 

 

高尾→陣馬 縦走ハイキング 完!

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

↓以後2012年に加筆

読んでわかるとおり、この時の僕はもうハイキングはやらないと軽く宣言しています。

本気でツライ一日だった事をよーく覚えています。

しかし、高尾山の旅は終わりはしませんでした。

これより二年後、僕は再び高尾を訪れるのでした・・・

 

 

二年後へ・・・

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 多摩情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 関東旅行へ  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加