笑っていこうよ!

☆とことこ神奈川「横浜18区散歩制覇」再開☆

松浦寿輝「川の光」

また仕事の休憩中に読書した感想。

今回読んだのは松浦寿輝とかいう人の川の光

今回も表紙とタイトル見て買いました。この方は知らんかったです。

どうやら何かの新聞に連載されていた作品みたいですが。

確か王様のブランチで紹介されてた気がします。

 

ストーリーは、ねずみの冒険の話です。

川のほとりに住んでいたねずみ三匹の親子(お父さん・長男タータ・次男チッチ)

工事の影響でそこから逃げなくてはいけなくなり

新しい住処を探して旅してく・・・という話です。

 

途中、イタチの襲撃やらドブネズミ帝国との戦い、帝国の反逆ねずみグレン、

地下の迷宮、バスに乗り込む話、豪雪で死にかける話・・・などなど

退屈することなどナシで読み切りましたー。

 

ちっと助けが入る回数が多かった気もしましたが少年マンガ読んでるみたいで

すごい面白かったです。

どーも番外編や続編があるような感じです。

というかあるんでしょう。

グレンVSドブネズミ帝国って話で。

アニメ化すればいいような話でしたねー。してるのかな??

してたら・・・・・うーん見たいような・・・・

小さな生き物にもちゃんと命がある。と、感じたyuukiでした。

川の光 川の光

著者:松浦 寿輝
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ このエントリーをはてなブックマークに追加